借金解決策 債務者の救済処置お知らせサイト

借金の返済が終わらない!返済しても借金が減らず、利子だけを支払っている!そんな方は債務整理で、余裕のある生活を取り戻すための情報サイト。

借金解決策

過払い請求と司法書士事務所

交通事故の慰謝料相談

むちうち慰謝料の相場

借金相談は司法書士にお任せ

借金相談をお考えの方は司法書士にお願いすると良いでしょう。借金には消滅時効期間が存在することはご存知でしょうか。消滅期間は5年か10年になります。

貸主か借主が商人である場合は10年、いずれも商人ではない場合が5年になります。サラ金の場合には貸金業者が会社の時には5年、個人である場合は10年になります。

その他にも銀行や信用金庫の場合など、相手によって変わってくることもあるので、司法書士に借金相談すると良いでしょう。

最近では無料借金相談を行っている事務所もたくさんあります。あなたの借金も一度調べてみてはいかがでしょうか。

過払い請求はお金を取り戻すことが可能

過払い金はグレーゾーン金利とも言い、クレジット会社や消費者金融に多く支払っていたお金の事です。過払い金の発生を見極めるためのポイントはお金を借りた時がいつかです。現在は利息制限法という法律でお金を貸す時の利息が定められていますが、昔は利息の法律が二つあり、消費者金融などの貸金業者は高い利息を選んでお金を貸していたのです。

多重債務で過払い金が発生していることが多いですが、多重債務になっている全員に過払い金があるわけではありません。完済した人、返済中の人で長期間取引が続いた人は、高額な過払金が発生している可能性大です。弁護士などを頼って過払い請求を行えるか確認しましょう。

過払い請求時に注意すること

過払い請求は決められた上限の金利以上のお金を支払った場合、貸金業者から返してもらうことをいいます。これは自分一人で手続きを行うことが難しいため、弁護士や司法書士に依頼することになります。

一つのポイントとして、借金を完済してから請求を行います。もし多重債務の人が過払い請求をすると債務整理という状況になり、ブラックリストへ載ってしまいます。クレジットカードの利用停止やローンが組めなくなるなど不都合に感じることが増えます。請求を注意して行うためにも弁護士などが所属する法律事務所へ相談することが解決への第一歩となります。

過払い請求の時効について

近年広告の影響で知名度がアップした過払い請求ですが、時効があることや、具体的な期間、有効期限の範囲を知らないという人も多いようです。有効期限は原則として、借金完済から10年間となっています。

無事に返済が終わり、過払い金が発生している可能性を失念していたという人もいるのではないでしょうか。また、複数の会社から借り入れをする多重債務の場合、最後の完済完了から10年間が有効期限となります。10年以上の長期に渡って返済を続けているという人は、過払い金請求と併せて任意整理を検討してみることをおすすめします。

多重債務でお悩みの方、過払い請求をお考えの方は大阪弁護士会へ

https://www.osakaben.or.jp/ [HP]

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い金請求関連

MENU

TOP 債務整理 自己破産 過払い金請求など借金相談 交通事故の慰謝料相談 交通事故慰謝料弁護士基準 むちうち慰謝料の相場