借金解決策 債務者の救済処置お知らせサイト

借金の返済が終わらない!返済しても借金が減らず、利子だけを支払っている!そんな方は債務整理で、余裕のある生活を取り戻すための情報サイト。

借金解決策

過払い請求と司法書士事務所

交通事故の慰謝料相談

むちうち慰謝料の相場

弁護士で交通事故の慰謝料

多くの人が交通事故で弁護士に相談しているみたいですが、具体的にどんな内容について弁護士に相談しているのでしょう。まず多いのは慰謝料や示談金の金額が気に入らないという事で、少なくとも受け入れる事ができる様な金額になる様にしてほしいという人が多いみたいですね。

また、交通事故では後遺症が出る可能性もありますが、後遺症認定について納得できない事もある様です。見た目では分からずより低い等級に認定されてしまったという事で不満を訴える人もいる様です。正確に診断してほしいという事で相談する人もいる様です。

また交通事故においては保険会社の対応が納得できるものではないので、代わりに弁護士に対応してほしいという人もいます。

交通事故慰謝料で弁護士基準が高い理由

交通事故慰謝料には任意保険基準、自賠責基準、弁護士基準の3種類があります。その中の自賠責基準は、必ず運転手が加入する必要のある保険なので最低限の保障しかされていません。自賠責基準は120万円が限度になっていますので、120万円を超えた場合は任意保険基準になります

。保険会社は加害者が加入している保険から支払います。被害者にとってとても納得のいく金額にはなりません。弁護士基準では、これまでの裁判の判例に基づいて金額が計算されますので高額になります。後遺障害 は医師の診察を受けて等級を確定する事が必要になります。

交通事故慰謝料は弁護士基準で計算すると高額になります

交通事故慰謝料の基準は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3通りあります。後遺障害も入通院慰謝料と同じ様に3通りの基準があります。後遺障害は医師の診断を受けて等級を確定してもらう必要があります。

たとえば等級が14級と確定された場合の慰謝料は、自賠責基準では32万円であった場合、任意保険基準では42万円、弁護士基準では110万円となり、3倍以上の差があります。 最近は弁護士特約のついた保険があります。大抵は300万円までの保障になっていますので、交通事故弁護士の費用を気にせずに依頼する事が出来ます。家族についていれば使える事もあるので確かめてください。

交通事故慰謝料は保険会社の基準と弁護士基準で相場が異なる

弁護士基準という言葉をご存知でしょうか?交通事故慰謝料の相場を示す言葉で、文字から分かる通り、保健会社の基準と弁護士の基準では、慰謝料の相場が異なっています。相場が最も低額なのは、自賠責保険の基準です。

任意保険会社の基準は、自賠責保険と弁護士の中間にある、標準的な相場となっています。ただし、保険会社も商売ですので、事故内容によっては慰謝料を低く見積もり、経費削減を図ることも珍しくありません。弁護士基準は、最も高額な相場となります。もし後遺障害が残るような深刻な被害に遭われた方は、事故専門の弁護士に示談交渉を依頼すると良いでしょう。

交通事故慰謝料相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/

交通事故の慰謝料相談関連