借金解決策 債務者の救済処置お知らせサイト

借金の返済が終わらない!返済しても借金が減らず、利子だけを支払っている!そんな方は債務整理で、余裕のある生活を取り戻すための情報サイト。

借金解決策

過払い請求と司法書士事務所

交通事故の慰謝料相談

むちうち慰謝料の相場

交通事故慰謝料で役立つ弁護士基準

交通事故慰謝料を当事者のみで決めようとするのはやめた方が良いでしょう。弁護士などの専門家に間に入ってもらうことで金銭トラブルに発展することもないですし、安心して任せることができます。特に後遺障害が発生した場合は素人だけで判断しない方が良いです。

後遺障害があった場合は等級によって慰謝料が変わってくるので必ず専門家がいた方が双方にとってメリットがあります。弁護士基準と呼ばれる基準があり、被害者は適正金額を支払ってもらえますし、加害者は法律で定められた金額よりも軽減された慰謝料を支払えば済むようになっています。

交通事故慰謝料は弁護士基準を選びたい

交通事故慰謝料は入通院慰謝料には、最低限の保障である自賠責基準、保険会社が選択する任意保険基準、高額な金額が得られる弁護士基準があります。後遺障害慰謝料も同じ基準があります。

しかし、障害が残っている場合は医師の診断を受けて、深刻さによって等級を認定してもらわないといけません。後遺障害は身体障碍者福祉法で定められたものと異なります。自動車損害賠償保障法によるものです。障害が直った後でも体に残っている障害の事を言います。将来受けるはずだった利益を失った場合は原因をつくったものが埋め合わせなければなりません。

弁護士基準では交通事故慰謝料の増額が見込める

交通事故に遭った時に加害者から被害者に支払われる金銭を交通事故慰謝料と言います。この慰謝料には3つの種類があり、その中の弁護士基準の慰謝料についてお話しします。弁護士基準というのは過去の裁判の事例を基準として慰謝料を計算していくものです。

自賠責保険や任意保険などで算出された慰謝料よりも金額が高くなります。また、毎年新しい判例が出る度に計算方法や金額が変更になる事も特徴です。示談交渉も交通事故弁護士が代わりに行ってくれるので手間が省けます。事故で被害者の体に障害が残ってしまった時に貰える後遺障害の慰謝料についても相談する事が出来ます。

迷いやすい弁護士基準の交通事故慰謝料

弁護士基準を出されることになったとしても、交通事故慰謝料が思ったほど高いように感じないかもしれません。ただ、すべての項目で同様の気分になるのは限らない部分です。もしかしたら高いと考えられるかもしれませんし、後遺障害が認められたことで、変化する可能性もあります。

交通事故慰謝料というのは、かなり大きな金額に変わってしまう可能性もあることで、しっかりと行動して金額の判断を行っていく必要があります。思っていた以上に支払いが多いと感じているようなら、まずは交通事故の問題について考えて、弁護士に判断してもらいましょう。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故の慰謝料相談関連