借金解決策 債務者の救済処置お知らせサイト

借金の返済が終わらない!返済しても借金が減らず、利子だけを支払っている!そんな方は債務整理で、余裕のある生活を取り戻すための情報サイト。

借金解決策

過払い請求と司法書士事務所

交通事故の慰謝料相談

むちうち慰謝料の相場

交通事故の慰謝料相談

交通事故と言えば、まず対物と対人に分ける事ができます。そして、問題は対人の交通事故です。負傷した人に対して支払わないといけない費用も出てきます。

怪我や死亡となる交通事故においては、慰謝料や示談金の必要が出てきます。対物と対人と両方の交通事故や負傷者が多数出ている場合には、一人ずつに対して慰謝料や示談金が支払われる事になりますので、多大な金額に及ぶ事もあります。

また、後遺症が残った場合には慰謝料や示談金は非常に大きくの金額が支払われます。また、死亡した場合には大変な事になり、葬儀費用なども負担する事になります。まずは、どれに該当するのか詳しい事を正確に把握したいですね。

交通事故慰謝料は弁護士基準が高額です

交通事故慰謝料の中でも、弁護士基準が高額となるのは、過去に起きた交通事故の判例を重視することが理由として挙げられます。後遺障害 の慰謝料では、自賠責基準や任意保険基準と比べて3倍ほど違いがあります。自賠責基準が低い金額なのは、最低限の保障を目的にしているからです。

任意保険会社は、出来るだけ慰謝料を払いたくないという姿勢だからです。弁護士基準では被害者をしっかり保障するためのお金として算出しているためです。交通事故の問題解決の経験の多い、保険会社との交渉力のある交通事故弁護士に依頼するのが、高額な慰謝料を勝ち取ることになるのです。

後遺障害も考慮される弁護士基準での交通事故慰謝料

怪我や病気の中には、治療を続けてもそれ以上改善することが難しい後遺症が残ってしまうものがあります。一例として、追突事故によるむちうちなどがあります。交通事故が原因の怪我の場合、自賠責に申請をすると等級後遺障害等級が認められます。

1級から14級までの等級に分かれており、肉体及び精神的苦痛や治療費などを考慮して、交通事故慰謝料に上乗せして請求することが可能です。自賠責基準、任意保険基準でも等級に応じて慰謝料額が変わりますが、弁護士基準の場合それらの提示額と比べて倍以上に増額するケースも珍しくありません。

交通事故慰謝料は弁護士基準で決まります

できれば自身の生涯には無関係であってほしい交通事故、いつ何時自分に起こりうるかもわかりません。そのための予備知識として頭に入れておいて下さい。家族が交通事故に遭ってしまった、そのときに加害者に請求できる交通事故慰謝料は自身で決められるのではなく、弁護士基準で決まります。

また、後遺障害の有無や重度によっても金額は異なりますので、自身が信頼をおける弁護士をたてることが重要です。ご家族や自身に重い障害が残った、事故前までは元気だったのに、と精神的にも被害者家族は悲しみを抱える中、お金で解決というのも不条理な話ですが、今後の生活を考えても慎重に弁護士とお話ししましょう。

交通事故慰謝料と3つの基準

交通事故に遭ったときに行う交通事故慰謝料の請求には、事故に遭った結果、傷害や精神的なストレスに対するもののほか、入院や通院にかかった費用、治療や仕事の休業で被った損害も含まれています。また、その相場には3つの基準があります。任意保険基準、自賠責保険基準、弁護士基準です。

任意保険基準や自賠責保険基準で保険会社に任せっきりで算出していると、忙しいからと入院を早く切り上げたり、受けるべき検査をしなかったりで、思っていたより低い慰謝料になってしまうことも少なくないです。交通事故慰謝料 に強い弁護士に依頼すれば、保険会社基準の数倍の慰謝料になる事も珍しくありません。一度弁護士に相談してみましょう。

弁護士基準での交通事故慰謝料の交渉は難しい

交通事故慰謝料の交渉をしようと相手の保険会社の担当者に連絡をして、慰謝料の算出をしてもらうと、もっとも安い自賠責保険の慰謝料の金額をもとに、算出して提示してくることが多いです。

保険のプロを相手に交渉するには、相応の法律の知識を勉強して保険会社に対決を挑むか、法律のプロの弁護士にお願いするかです。法律を知らない素人がなんの知識をもたないで交渉しても、何一つ聞いてもらう事が出来ません。

あきらめて示談するか、裁判するかの選択をする事になるでしょう。法律のプロの弁護士にお願いすると、弁護士は弁護士基準で慰謝料を算出して保険会社に請求するので、弁護士費用はかかりますが、全ての交渉は弁護士がします。

加入保険や弁護士への依頼の有無で交通事故慰謝料額が変わる

自賠責もしくは任意保険に加入していると、交通事故慰謝料を支払ってもらえます。通院などにかかる治療費、事故による精神的苦痛、物損の補償としての対価として支払われます。

自賠責基準と任意保険会社の基準、そして弁護士基準では金額が変わってきます。最も基準の高い弁護士基準は、弁護士へ依頼をしないことには適用できません。最近の保険ですと、弁護士に相談できるオプションもあります。

民間の保険に加入されている自動車を運転される方は、必ず入っていた方が良いかと思います。また、事故にあったときは混乱してしまってそうした制度があったことを忘れてしまいがちなので、平常時にプランやオプションを見直しておくことも大切です。

交通事故慰謝料相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/

交通事故の慰謝料相談関連